Guide
ウォーターサーバー選び方ガイド

ウォーターサーバーの選び方や知識などを
勉強する事が出来るコンテンツを提供しています。

ボトル使い捨て(ワンウェイ)とリターナブル(回収)って何?

ウォーターサーバー選び方ガイド 2020年7月1日│7 view  

衛生面に配慮した使い捨てタイプか、環境に配慮した回収タイプか。

ウォーターサーバーの導入を検討している人も多いと思いますがどのような点を重視して選んでいるのでしょうか。ウォーターサーバーと一口に言っても、サイズや機能面でそれぞれ大きな違いがあります。

中でも注意しなければならないのが、ウォーターサーバーのタイプです。ウォーターサーバーには、ボトルを使い捨てして利用するワンウェイタイプと、ボトルを回収してもらって繰り返し使うことができるリターナブルタイプというものがあります。

しかしそうはいっても、実際にこれがどのようなものなのかわからないということもあるでしょう。そこでここからは、ウォーターサーバーのタイプについて紹介するとともに、おすすめの製品についても触れているので、ぜひチェックしてみてください。


ウォーターサーバーのボトルには使い捨て(ワンウェイ)とリターナブル(回収)がある

ウォーターサーバーのボトルには、使い捨てタイプとリターナブルタイプの2種類があります。それぞれ特徴も異なり、メリットやデメリットもそれぞれにあるので、まずはチェックしてみてください。


使い捨て(ワンウェイ)の特徴・メリット・デメリット

使い捨てのボトルは、本体の中身がなくなったら、すぐに処分をすることができます。そのため、セットや備品を置いておくスペースも必要なく、基本的にすっきりとコンパクトに置いておくことができるのです。

使い捨てタイプの場合には、使い終わったボトルは基本的に処分をすることになるので、ボトル内を衛生的に保つことができます。使い切ったら新しいものを開ければいいので、回収タイプのように洗浄などの手間もありません。

ただ、使い捨てボトルの場合はやはり、ゴミが出てしまうのは否めません。ボトルをそのまま交換できるのは便利ですが、定期的にゴミが出てしまうというのはやはり面倒に感じることもあるでしょう。頻繁に使う場合には、ゴミの置き場所にも困ってしまうものです。


リターナブル(回収)の特徴・メリット・デメリット

使い終わったら業者に渡して洗浄を行ってもらうリターナブルタイプのボトルの場合は、最大のメリットとしてはゴミが出ないことです。使い捨てタイプの場合はどうしても使い切るごとにゴミが出てしまいますから、置き場所に困るということもあるでしょう。

しかしリターナブルタイプの場合には、使い終わったボトルを業者に渡すだけでOKなので、家をすっきりとさせることができます。リサイクルをして使うことができるので、環境面への配慮ができるのも嬉しいポイントです。

ただ、ストックを置いておかなければならない場合には邪魔になってしまうこともありますし、不便に感じることもあるでしょう。また、同じボトルを使いまわしていくことになるので、洗浄されるとはいえど、衛生面に少なからず不安を抱く人もいるかもしれません。


その他にも水道水を直結するタイプもある

ウォーターサーバーと言うと、独立をしていて中のボトルから水を出すタイプが一般的です。そしてそのタイプの中でも使い捨てとリターナブルタイプにわかれているわけですが、全く別のタイプとして、「水道直結型」というのもあります。

ボトルを本体に設置して使うのではなく、ウォーターサーバーごと水道につなげて使うタイプのことです。このタイプはボトル交換の必要がないので、省スペースで賢く使っていくことができます。

毎月の交換の手間などもかからないので、とにかくスペースを取らずに楽にウォーターサーバーを使っていきたいという場合には、こちらのタイプもおすすめです。


ボトル使い捨て(ワンウェイ)タイプのウォーサーバー一覧

使い捨てるタイプのウォーターサーバーの方がまだまだ主流なので、各社商品たくさんあります。どれを選んだらいいのかわからないというような場合には、以下のおすすめサーバーをチェックしてみてください。

ダフレシャス

フレシャスでは、富士山で採れる新鮮な水を使っているので、いつでもおいしい水を楽しむことができます。天然水は、「フレシャス朝霧高原」「フレシャス木曽」など3つのタイプから選ぶことができるのも嬉しいポイントです。

シンプルでスタイリッシュな見た目はグッドデザイン賞を受賞しており、部屋を明るくおしゃれに彩るインテリアとしての役割も期待できます。もちろん機能性にも優れているので、簡単においしい水を味わうことができます。


プレミアムウォーター

プレミアムウォーターでは、ロングタイプとスリムタイプという2種類のウォーターサーバーが用意されています。一人暮らしや4人家族など、家族の人数によって使いやすいサイズが変わってくるので、このようにバリエーションがあるのは嬉しいポイントです。

プレミアムウォーターでは、サーバーのレンタル料やボトルの送料がかからないので、よりお得に利用することができるのが大きな魅力と言えます。コーヒーを入れられるタイプもあるので、ライフスタイルに合わせて選びましょう。


アクアセレクト

アクアセレクトも、ウォーターサーバーのレンタル料と送料がかからないので、水代のみでお得に利用することができます。アクアセレクトでは、伊勢神宮の「禊ぎ川」と呼ばれる神聖な宮川の水を利用しているのが大きなポイントです。過去15回「水質1位」に輝いた良質な水を利用しているので、子供がいる家庭でも不安なく利用することができます。

使い捨てタイプと回収タイプのどちらにも対応しているので、自分の好きな方を選んで利用していくと良いでしょう。


うるのん

うるのんでは、富士山の湧き水を利用しており、質の良い水をいつでも飲むことができるのが大きなメリットです。

うるのんでは、スタンダードサーバーやスリムサーバーなどから選ぶことができるので、自分の家のサイズなどに合わせてすっきりと見えるものを選択できるのも嬉しいポイントと言えます。グランデタイプだけはサーバーレンタル料がかかりますが、それ以外のタイプは無料になっているので、お得に利用することができます。


キララ

キララの水は、高性能のフィルターを内蔵しているので、水道水をしっかりとろ過することで、いつでも衛生的な状態に保つことができます。そのため、普通であれば必要なボトルの詰め替えなどをする必要がありません。

交換の手間がかからないので、忙しい人でもストレスに感じることなく使い続けていくことができるでしょう。ゴミも出ないので、環境にも配慮された作りとなっています。新鮮な水を利用しているので、子供のいる家庭でも利用できます。


コスモウォーター

コスモウォーターの水は、ボトリングしてから48時間以内に出荷されるので、鮮度をキープしたまま、利用することができます。鮮度を保つために水を採取したところから直送されるのも嬉しいポイントです。

ダブルのクリーン機能が付いているので、ボトル内を常にきれいに保つことができますし、洗浄の手間も時間もかかりません。密閉型のボトルを採用しているので品質を保ちやすく、中を密閉した状態にできるので、最後の一滴まで質の良い状態を保つことができます。


サントリー(南アルプスの天然水)

大手メーカー、サントリーが販売しているこのウォーターサーバーは、南アルプスの上質な水を採用しており、大人も子供も安心して飲むことができるのが大きな魅力です。
サーバーのレンタル料はかからず、お得に使うことができる上に、1日に1回熱水を循環させて殺菌し、鮮度を保つことができます。また、温度は4段階で切り替えをすることができ、あまり使わないときには省エネモードにして電気代を節約することもできます。

チャイルドロック機能も付いているので、小さな子供がいる家庭でも不安なく使用できます。


信濃湧水

こちらのウォーターサーバーは北アルプスの水を使用しており、日本人の口に合う硬度16の水となっています。

サーバーには内部クリーン機能やエコモードが搭載されており、高機能の設計になっているので、不自由なく便利に使うことができます。サーバーレンタル料金はかからないので、気軽に利用することができるのも嬉しいポイントです。

シンプルなデザインなのでどんな部屋にもマッチし、いつでも新鮮な水を飲むことができます。


ハワイアンウォーター

その名の通り、ハワイ諸島で採れた水を利用しているこのウォーターサーバーは、大自然の恵みを余すことなく楽しむことができます。

サーバーの種類は3種類あり、スタンダードサーバーの他にも省エネエコサーバーや水素水を楽しめるサーバーもあるので、自分の好みにあわえて選ぶことができるのが大きなメリットです。

ボトルにもハワイのデザインが施されており、南国気分でリフレッシュしながら水を様々な用途に使うことができます。


リターナブル(回収)タイプのウォーサーバー一覧

リターナブルタイプのウォーターサーバーにも、いろいろなものがあります。
アクアクララ

アクアクララでは、RO膜というものを採用しており、ミネラルの調整を行うことができるので、いつでも良質なお水を飲むことができます。

繰り返し利用できるエコボトルを採用しており、回収したボトルは厳重に管理され、検品と洗浄が行われるので、品質面でも安心して飲むことができます。定期的なメンテナンスも行われるので、劣化して水の質が悪化する、というようなこともありません。


クリクラ

クリクラは、軟水を使用しているので、飲みやすいのが大きな魅力です。軟水はうまみ成分が溶け出しやすいので、料理に使うと香りや味を引き立てることができます。

ウォーターサーバーのレンタル料や配送料や解約金などが一切かからず、ボトルの料金だけで済むので、負担も少なく続けやすいのが大きなメリットです。サーバーは省エネ仕様になっているので、消費電力を抑えて節約にも役立ちます。


アルピナウォーター

アルピナウォーターは、北アルプスで採れた天然水を使用しています。ROシステムを採用してろ過をすることによって、不純物のないきれいな状態に保つことができるのです。軟水なので口当たりも良く、重たさもないので赤ちゃんや子供がいる家庭でも不安なく使用することができます。

A4サイズの紙2枚分のスペースしか必要としないため、一人暮らしで部屋が狭いという人でも問題なく置くことができます。チャイルドロック機能が付いているので、小さな子供がいても安心です。


Access ranking
新着記事

ウォーターサーバーの新着記事

ウォーターサーバーのチャイルドロックを徹底比較

5view|2020年7月1日

ボトル使い捨て(ワンウェイ)とリターナブル(回収)って何?

7view|2020年7月1日

ただ水を飲むだけじゃない。ウォーターサーバーの使い道とは。

5view|2020年7月1日

ウォーターサーバーの床置きと卓上とどちらが良い?

7view|2020年7月1日

ウォーターサーバーの無料お試しキャンペーン・新規申し込み特典...

9view|2020年6月26日

Water server list
ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバーの一覧です