Guide
ウォーターサーバー選び方ガイド

ウォーターサーバーの選び方や知識などを
勉強する事が出来るコンテンツを提供しています。

ウォーターサーバーの便利な使い方!飲料水以外の活用術5選

ウォーターサーバー選び方ガイド 2019年8月14日│7 view  

ウォーターサーバーの使い方は飲料水だけじゃない!

最近では、一般のご家庭でもウォーターサーバーを設置することが当たり前になってきました。ウォーターサーバーというと、「冷たい飲み水としての使い方」「温かいコーヒーやお茶を淹れる使い方」などが広く知られていますよね。

しかし、ウォーターサーバーには他にもさまざまな活用術があるのです! 今回の記事では、そんなウォーターサーバーの便利な使い方についてお話していきたいと思います。

ウォーターサーバーの便利な使い方5選

最近人気のウォーターサーバーでは、冷水と温水が常時使用できるタイプがほとんどです。 また、サーバー内の衛生面や安全性にも徹底的にこだわったシステムが搭載されており、赤ちゃんからお年寄りまで安心して使うことができるのも嬉しいポイントでしょう。

飲み水としてはもちろんのこと、お料理、お菓子作り、赤ちゃんのミルク作り、美容、ダイエットなど、あらゆる使い方が可能。 あなたの生活をより一層うるおす「ウォーターサーバーの便利な使い方」を、ひとつずつみていきましょう。

【使い方1】お料理やお菓子作りに活用
ウォーターサーバーのお水は、多くの会社で「軟水」を採用しています。日本人の舌や味覚にぴったりなのがこの軟水だといわれており、まろやかで優しい味わいが特徴。 軟水は、ミネラル成分が主張しすぎないため「出汁」をきかせた繊細なお料理や、炊き込みご飯、お菓子作りなどにも最適です。

「そばやパスタなどの麺を美味しく茹でる」「お米をふっくらと炊きあげる」など、普段のお料理がワンランクアップすること間違いなしですよ。

【使い方2】赤ちゃんのミルク作りに便利
冷水と温水がいつでも使えるウォーターサーバーは、赤ちゃんのミルク作りにも活躍します。お湯を毎回沸かす必要がなく、安全で優しいお水を手軽に使えるのが嬉しい点でしょう。

ただし、ミネラル豊富な天然水だと、デリケートな赤ちゃんの内臓に負担をかけてしまうこともあるため注意が必要です。 不純物やミネラル成分を完全に取り除いた「純水(ピュアウォーター)」と呼ばれる「RO水」を採用しているウォーターサーバーを選ぶと安心。 アクアクララや、うるのん、クリクラなら、毎月の利用料金もリーズナブルで安全性も高いためオススメです。

【使い方3】美容やダイエット目的にも最適
私たち人間の身体は、その約60~70%が水分でつくられており、美しく健やかに生きていくためには「良質なお水」が欠かせません。

また、キレイなお肌のキープや効果的なダイエットのためには、1日1.5~2リットル程度の水分補給をすることが推奨されています。お水をこまめに飲むと、代謝が活性化されて「体内の不要な老廃物」の排出にも役立つといわれているのです。

とはいえ、忙しい毎日を送っていると「面倒くさい」「うっかり忘れてしまう」なんてことも珍しくありません。しかし、ウォーターサーバーを設置すると多くの方が「お水をよく飲むようになる」といったデータが報告されています。 ふと目につきやすい場所に、ウォーターサーバーがあるだけで毎日一定量のお水を摂取する習慣が身につき、美容や健康にも大いに貢献してくれるなんて嬉しいですよね。

【使い方4】話題のフリーズドライ食品を手軽に
多くのウォーターサーバーでは、常時使用できる温水の温度が80~90度に設定されています。この温度は、アツアツのお茶やコーヒーを手軽に楽しむことはもちろん、最近話題となっている「フリーズドライ」などのインスタント食品にも最適。

フリーズドライは、素材本来の美味しさと栄養素を損なうことなく特殊加工された、新しい食品の形です。 味噌汁・スープ・中華丼・シチューなど、さまざまな種類があるため、「あと1品プラスしたい」「朝食を作る時間がない」といったときにも、ウォーターサーバーのお湯を注ぐだけで簡単に作ることができます。

【使い方5】洗顔や手作り化粧水でお肌を健やかに
洗顔や手作り化粧水を作るときに、ウォーターサーバーのキレイなお水を活用する使い方もおすすめです。 敏感肌や、季節によって肌荒れしやすい「ゆらぎ肌」の方は、お肌表面のバリア機能が低下しているため、水道水の不純物や塩素によって刺激を感じる場合があります。そんなときには、飲料水としても安全なウォーターサーバーのお水を洗顔の仕上げに使うと、お肌の刺激感が緩和されることがあるといいます。

また、グリセリンやヒアルロン酸を自分で混ぜて作る「手作り化粧水」にも、ウォーターサーバーの清潔なお水が大活躍! 本来であれば、ドラッグストアや薬局で精製水を購入する必要がありますが、一度開封してしまうと劣化や腐敗が心配なので「残った分は捨てちゃう」なんて人も少なくないでしょう。 しかし、ウォーターサーバーならいつでも新鮮なお水を使用できるため、コスパの良い手作り化粧水をいつでも安心して楽しめます。

まとめ

ウォーターサーバーは、「普段の飲料水」としての使い方が最もメジャーですが、他にも料理、お菓子作り、赤ちゃんのミルク作り、フリーズドライ食品、ダイエット、美容、洗顔など、あらゆる使い方ができるのが特徴です。 使い方の可能性は無限大!ぜひ、今回ご紹介した使い方以外にも、便利なウォーターサーバーの活用方法を見つけてみてくださいね。

Access ranking
新着記事

ウォーターサーバーの新着記事

ウォーターサーバーのチャイルドロックを徹底比較

5view|2020年7月1日

ボトル使い捨て(ワンウェイ)とリターナブル(回収)って何?

7view|2020年7月1日

ただ水を飲むだけじゃない。ウォーターサーバーの使い道とは。

5view|2020年7月1日

ウォーターサーバーの床置きと卓上とどちらが良い?

7view|2020年7月1日

ウォーターサーバーの無料お試しキャンペーン・新規申し込み特典...

9view|2020年6月26日

Water server list
ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバーの一覧です